久しぶりに食べたお汁粉は、美味しかった♪

いいことがありました。
入院中のお姑さんが久々に食事をすることが出来たのです。。

レビー小体型認知症で入院して3年と2ヶ月…
1年前くらいから食べれなくなりました。

今まで大好きだった甘いものでさえ
いらない… 食べたくない…
と言って残すようになったのです…

じわじわと病気が進行してきたのでしょう…
口から食べられなくなったので、鼻から胃に入れたチューブから流動的を流してもらっています。

レビー小体型認知症の症状でおかしな幻視や幻聴にくるしみ
パーキンソン症状のために上手く動けないので
せめて食べる楽しみくらいはと思っていたのに…

でも、今日は一口ですがお汁粉を食べたそうです。

いつもと違うおやつが
お姑さんの食べたい気持ちを引き出してくれたようです。。

美味しかった。

お姑さんのこの言葉を聞くのも久しぶり。

少しだけど、ほっこりした気分になれました。