晴れた日に古本を探しにでかけました。

新しく読む小説を手に入れたいと思い、古本屋さんを見に出かけました。私は本屋を見るのが好きでよく行くのですが、古本屋さんはあまり行ったことがありませんでした。

お店の軒先に出ている本を見てどんな本があるか見て、自分の好きそうな本があると中に入って探します。古本屋さんは新品のある本屋さんと本の並びが違い、とても迷ってしまいました。選択肢が多いと選べないですね。

結局実用書の方に目が行ってしまい、料理や手芸の本ばかり見てしまいました。昔自分が持っていた本と再会したり、目的とは違うことで楽しんでいました。

肝心の小説は手に入らずじまいでしたが、古本屋さんの魅力の一端に触れられた気がします。今後も通いたいなと思いました。